01BCA128-0893-4578-929F-B7E577A256CE_1_201_a.jpeg

最も大きな部位のひとつで、肩から背中にかけての部分。 この適度に脂がのった肩ロースを薄切りにして風味ごとを味わう。霜降りが適度で柔らかく、見た目も良く、濃厚な赤身が特徴。別名クラシタロースとも呼ばれます。赤身好きの人、霜降り好きの人、どちらにもおすすめの部位です。すき焼はもちろん、しゃぶしゃぶ、ひと口大に切って炒め物や牛丼などにもご利用いただけます。

群馬県産増田和牛 肩ロース芯薄切り2.0mm

SKU: BMSDCLTS200
¥2,800価格
200 g
消費税抜き
  • すき焼きの調理方法はさまざまありますが、サッと表面を焼いてお肉の旨味を引き出しておくのがポイント。2mm程度しかなく火が通りやすいため、煮すぎるとお肉が硬くなってしまううえに、お肉の旨味が水分の中に逃げてしまうので、あまりグラグラと煮立たせないように温度調節をすると良いでしょう。